墓じまいを検討。お寺に離檀料を支払う時、表書きは何としてお包みするの?

2020/11/18

お墓を継ぐ人がいなかったり、高齢になりお墓参りに行くことが難しい状況など、墓じまいを検討されている方もいらっしゃるでしょう。

墓じまいをし檀家をやめるのであれば、お寺へ離壇料が必要な場合があります。
その際、表書はそのまま離壇料として包めばいいのでしょうか?

離壇料の金額を提示されたのであれば表書きを『離壇料』としてお渡しした方がいいと思いますが、あまり高額な金額を提示された場合、檀家総代さんに相談されてもいいと思います。

お墓には仏さまの力が宿ると考えられており、お墓をただの石にするため、墓石を撤去する前に「閉眼供養」を行います。
閉眼供養にはご住職が読経をして頂けますのでお布施が必要になります。
そうでなければ、墓じまいをされるとき『お布施』として、閉眼供養(お墓の魂抜き)のお勤めのとき、一緒にお渡しするのでいいのではないでしょうか。

長年お世話になったお寺を離れる際は、事前にご住職と相談することも大事です。
お互いが気持ちよく話を進められるように丁寧な説明を心がけ、思わぬトラブルにならないように気をつけましょう。

 

セレモニー心の墓じまいはこちら

 

資料請求で「エンディングノート」プレゼントキャンペーン中! 

「家族葬専門セレモニー心」は
他社と比べて選ばれる葬儀社です

明瞭な価格
豊富な実績
安心のサポート

葬儀プラン

直葬プラン

火葬式プラン
小さい家族葬プラン
家族葬プラン
直葬プラン
火葬式プラン
小さい家族葬プラン
家族葬プラン

お墓をお持ちでない方、
永代供養や海洋散骨を、
ご検討
の方に

海洋散骨付のお葬式プラン

お急ぎの方はこちら
資料を見て検討したい方はこちら

皆様のご都合に合わせて
相談方法をお選びいただけます。

家族葬専門セレモニー心へのお電話でのご相談
電話でのご相談

お急ぎの場合や、少しだけの質問をしたい時に便利な方法です。

0120-388-233
家族葬専門セレモニー心へのご来店でのご相談
ご来店でのご相談
具体的な内容を聞いて不安や疑問を解消したい方におすすめです。出張相談にも無料で対応いたします。
家族葬専門セレモニー心へのメールでのご相談
メールでのご相談
少しお時間に余裕のある方や、日中仕事などで葬儀社へ相談に行けない方におすすめです。

家族葬専門セレモニー心へのお問い合わせフォームはこちら
メニューを閉じる