家族で宗教が違う場合の葬儀とは?どのような方法があるの?

2020/08/13

「信仰の自由」が認められている日本では、さまざまな宗旨、宗派が信じられています。
家族・兄弟とは異なる宗教(新興宗教など)を信仰されている方もいらっしゃるかもしれません。
この場合、お葬式はどの宗旨で行えばいいのでしょうか。

実際の経験ですが、家の宗旨でお葬式を終えた後、故人の思いを尊重し、故人が信仰していた宗旨でもう一度お葬式を行ったことがあります。

お葬式は、家の宗旨で行うのが一般的ですが、お葬式を自分が信仰していた宗旨で行ってほしいと希望されるのであれば、事前にご家族や宗教者の方と相談しておく方がよいでしょう。

もしお家の宗旨と違う宗旨でお葬式を行う場合、家のお墓が寺院墓地にあり、墓地がある寺院が菩提寺の方は注意が必要です。
菩提寺があるという事はご先祖様がいらっしゃるという事なので、新仏(しんぼとけ)(あらぼとけ)様を他の宗教で送るのは、ご先祖様の供養の事も考えて、菩提寺や宗教者、ご家族とご相談された方がよいでしょう。

「自分の信仰する宗旨で葬儀を行ってほしい」などの希望がある場合は、家族で話し合いをしておくか、希望する葬儀や納骨方法などをエンディングノートに記入しておきましょう。
生前の意思表示があれば、家族も故人の思いを尊重して葬儀を行えると思います。

資料請求で「エンディングノート」プレゼントキャンペーン中! 

様々なお葬式に対応した5つのセットプランを用意!《葬儀プランはこちら》

「家族葬専門セレモニー心」は
他社と比べて選ばれる葬儀社です

明瞭な価格
豊富な実績
安心のサポート

葬儀プラン

直葬プラン

火葬式プラン
小さい家族葬プラン
家族葬プラン
直葬プラン
火葬式プラン
小さい家族葬プラン
家族葬プラン

お墓をお持ちでない方、
永代供養や海洋散骨を、
ご検討
の方に

海洋散骨付のお葬式プラン

お急ぎの方はこちら
資料を見て検討したい方はこちら

皆様のご都合に合わせて
相談方法をお選びいただけます。

家族葬専門セレモニー心へのお電話でのご相談
電話でのご相談

お急ぎの場合や、少しだけの質問をしたい時に便利な方法です。

0120-388-233
家族葬専門セレモニー心へのご来店でのご相談
ご来店でのご相談
具体的な内容を聞いて不安や疑問を解消したい方におすすめです。出張相談にも無料で対応いたします。
家族葬専門セレモニー心へのメールでのご相談
メールでのご相談
少しお時間に余裕のある方や、日中仕事などで葬儀社へ相談に行けない方におすすめです。

家族葬専門セレモニー心へのお問い合わせフォームはこちら
メニューを閉じる