葬祭費給付金制度とは?

国民健康保険、社会保険、保険組合等の被保険者や被扶養者の方が亡くなった場合、国や行政に申請をする事で葬祭費(埋葬費)などを受給できる制度です。また、生活保護受給者の方が亡くなった場合、各市区町村規定の葬祭扶助が支給されます。

葬祭費・埋葬費の補助制度

国民健康保険の被保険者の場合
葬祭費 3万円
申請期間 亡くなった日から2年以内
請求先 役所の国保年金課
申請に
必要なもの
健康保険証、印鑑(シャチハタ不可)、葬祭費請求書、喪主名義の通帳口座番号、喪主が確認できるもの(葬儀代領収書、戸籍の写しなど)

後期高齢者医療保険の
加入者の場合
葬祭費 3万円
申請期間 亡くなった日から2年以内
請求先 役所の国保年金課
申請に
必要なもの
後期高齢者医療被保険者証、受取人名義の通帳口座番号、印鑑(シャチハタ不可)

社会保険の被保険者の場合
埋葬料(埋葬費) ● 被保険者本人または被扶養者が死亡した場合に被保険者及び被扶養者に支給されるのが「埋葬料」…一律5万円までの実費精算
● 被保険者本人が死亡して被扶養者がいないとき、実際に埋葬を行なった人に支給されるのが「埋葬費」…上限5万円
申請期間 亡くなった日から2年以内
請求先 勤務先が加入している健康保険組合または、勤務先の地区を管轄する協会けんぽ
申請に
必要なもの
勤務先が用意する書類

国家・地方公務員共済組合の場合
埋葬料・申請先 各組合により異なります
お問い合わせ先 ご加入の各共済組合

生活保護受給者の方
受給条件 ●生活保護の受給者自身が亡くなった場合
●生活保護の受給者自身が施主となった場合
葬祭扶助 17~18万円(状況による)
※あくまでも葬儀費用を出すことができない方に限ります。
請求先 役所内の福祉事務所

葬祭扶助制度とは

葬祭扶助とは、国が定める生活保護法の一つです。遺族などが生活困窮のため、葬儀を行うことができない場合、国がその金額を負担してくれる制度のことをいいます。

「家族葬専門セレモニー心」は
他社と比べて選ばれる葬儀社です

明瞭な価格
豊富な実績
安心のサポート

葬儀プラン

直葬プラン

火葬式プラン
小さい家族葬プラン
家族葬プラン
直葬プラン
火葬式プラン
小さい家族葬プラン
家族葬プラン

お墓をお持ちでない方、
永代供養や海洋散骨を、
ご検討
の方に

海洋散骨付のお葬式プラン

お急ぎの方はこちら
資料を見て検討したい方はこちら

皆様のご都合に合わせて
相談方法をお選びいただけます。

家族葬専門セレモニー心へのお電話でのご相談
電話でのご相談

お急ぎの場合や、少しだけの質問をしたい時に便利な方法です。

0120-388-233
家族葬専門セレモニー心へのご来店でのご相談
ご来店でのご相談
具体的な内容を聞いて不安や疑問を解消したい方におすすめです。出張相談にも無料で対応いたします。
家族葬専門セレモニー心へのメールでのご相談
メールでのご相談
少しお時間に余裕のある方や、日中仕事などで葬儀社へ相談に行けない方におすすめです。

家族葬専門セレモニー心へのお問い合わせフォームはこちら
メニューを閉じる